★反省文★

  • 2014.03.13 Thursday
  • 09:01

 この度は皆様に御心配、御迷惑を掛け
誠に申し訳ございませんでした。

私、カンリバト、5日間に渡る出勤停止が解け
昨日より現場復帰する事が出来ました。
謹慎期間中にいただいた暖かい言葉、
励ましのお気持ちを含めた叱咤激励など。
本当にありがとうございました。

引っ越しの荷物を運ぶロジャーさんと、
その引っ越しに同行したプーさん、ワキロー君の
出発と無事帰還のシーンをバックにこの地獄の
1週間を振り返ってみたいと思います。

2014.3.12まで 001.JPG

初めに体調の異変を感じたのは3月4日(火)の事でした。

2014.3.12まで 002.JPG

その日は朝から何だか頭が痛かったのですが、
『風邪では無い!』
と自分に言い聞かせながらの勤務でありやした。

2014.3.12まで 003.JPG

午後、翌日に控えたロジャーさんの1回目の引っ越しに向け
なんやかんや手伝ってる住民さんに加わろうとしましたが
何だか頭は痛いし
身体は平素の0.08鼎茲蠅呂襪に重く感じ…

2014.3.12まで 004.JPG

手伝いに行ったつもりが総出の住民さんによる引っ越しで
お忙しいロジャー家のコタツに潜り込み、意識を失う始末。

2014.3.12まで 005.JPG

翌朝(5日)この御一行を見送る頃には前述の症状に加え、
寒気と滝のやうなお花水。

2014.3.12まで 006.JPG

この体調の悪さは尋常じゃ無い。
『風邪かも…』

2014.3.12まで 007.JPG

だが卒園式まであと4日。
何とかだましだまし無事卒園式を終える事に集中しよう。

2014.3.12まで 008.JPG

翌6日。相棒N子に悟られない様に
「なんだか鼻炎みたいで…」
とマスクを購入。
とにかく相棒や住民さんに移さない事に必死。
だがそんな時に限って来客も多く
コンタクトは多くなるもので…。
夕方、引っ越し組帰園。
お土産に【牡蠣】を買って来て下さったが
逃げるやうに帰る。

2014.3.12まで 009.JPG

7日(卒園式前々日)。
頭の痛さはピークに。
卒園式用の買い出しにオタカさんヒロP姐さん、N子
と出掛けるが立ってるのも辛い状態。
午後BBQの用意をする予定なので
午前中の内に、滅多に行かない、
近くのD居医院へきついカンフル剤を打って貰いに。

2014.3.12まで 010.JPG

「カンリバト〜!どうしたがあ?」
「ちょっと風邪ひいたみたいで明日も明後日も
抜けれん用事あるんで効く注射してや…」
「インフルちゃうろうね。熱は?」
「かなりあると思う。汗」
「はい、計って!」
ピピピ ピピピ
【36.2】
「全く無いけんど念の為インフルの検査しょうか。」
グリグリグリーーーー!
「あーーーーーー!出たーー!出た!」
「はっきり出ちゅう!」
「もーーイヤ!カンリバトーーー!」
「ほら!あっちの部屋行って!」

2014.3.12まで 011.JPG

「先生…明日の結婚式は…?」
「いかんいかん!行ったらいかん!」
「明後日ガルテンの卒園式なんですけど…」
「明日も明後日もその次も当分行かれん!」

2014.3.12まで 012.JPG

『うそーーーー!ま、まさかインフル?このタイミングで?』

2014.3.12まで 013.JPG

「もしもし…Nちゃん、俺インフルになってしもた…」
「えーーーーーーーーーーーーーーーー!インフル?」
「ごめんなさい。涙」
「と、と、とりあえず家でゆっくり寝て下さい。」

2014.3.12まで 014.JPG

8日、後輩の結婚式は嫁に行って貰い横になる。
身体が痛い。
どんな痛みかと言うと、以前、
脚立の一番上に乗ってる時、脚立の足が開いて
下のコンクリに大の字になって垂直落下した事があるが
ちょうどあん時と同じ痛み。
熱はガッと上がったり、
ガッと下がったりを繰り返してる模様。
咳は時たま出るが、
その時たまの咳に大物感が漂う(わかる?)。
プラスチックの容器に詰められた5日15回分の
咳止めシロップは
前日の1回目の服薬の際に誤って
2/3を一気飲み(誤飲)してしまい
あとは舐める程度ずつしか残って無い。
そして何より
『この大事な時に何寝てんねん!」
といった情けなさが五体を包む。
子供、嫁とでさえも連絡はモバイル経由。
朝、昼、晩と食事はおかゆ。
調味料が無いので嫁の薄臭い味付けのまま。
だが文句もリクエストも言えた立場では無いのだ。

2014.3.12まで 015.JPG

卒園式の明け方、
せめてと思い管理棟の便所掃除の最中
ふいに用を足したくなって座ったが最後、
今度は立てない。
腰が痛い。
久しぶりにここまで痛い。
まんじりともせず時ばかりが過ぎ行く。
高知新聞の配達の兄ちゃんが来た音がする。
チャンス!
「…お、お…い…」
ブロロロロ〜ーーーーーー…
レフトアローン。
行ってしまった。
もういっその事、迷惑掛けついでに
N子を起こそうかと思ったが
嫁入り前のおねいちゃんにこの姿を見せる訳にもいかず
またタダでさえのこの姿にインフル菌付きとなれば
N子も素直に見てくれるとも思えず
決死の覚悟で少しずつ便座中央から
尻を便座端に移動させ、尻には
『お前はまだ便座の上にいるのだよ』
と思わせといて一瞬空気椅子状態に
踏ん張りながら洗濯機のヘリに捕まる。
が、0.08鼎料澗僚鼎鬚けた洗濯機がもんどり打つが如し
上部の乾燥機ごとこちらにひっくり返って来たのでまるで
小錦を受け止めた舞の海の如くギリギリの俵でまさに踏ん張り
変な力が入った事がむしろ腰には好転し、重苦しい空気を
打ち破るやうにシャカシャカズボンを上げたのである。

2014.3.12まで 016.JPG

卒園式が始まったやうだ。

マイクで誰かが挨拶している。
音楽がなってるって事はアヤキたちのポールダンスが
始まったのかな?
ポールは大丈夫かな?
風が強いけどみんな外で大丈夫か?
いい卒園式になってるかな?
みんな楽しく飲んでくれてるかな?

そんな事を思いながら隔離された部屋で
ひとりさびしんぼうでござんした



インフル…怖いですね。








コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM