★雨のにんぶ★

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 06:14

KIMG0831.JPG

 

田んぼシーズンを迎えるにあたって共同の水路を

使う地元の農家さんとの合同作業の『にんぶ』です。

 

KIMG0830.JPG

 

ガル田からは前日の卒園式の深酒をものともしない強者が参加。

 

KIMG0832.JPG

 

ガル田リーダーのマツケン親方を始めケンサクさん

マツコウちゃん、激本さんです。

そして何とマツケン親方はこのにんぶに備え前日の卒園式は

全くお酒を飲まなかったとか。何という、恐ろしい程の責任感!

 

KIMG0829.JPG

 

草刈り隊が先行し、溝上げ隊が水路を綺麗に上げて行く。

 

KIMG0833.JPG

 

雨は降ったり止んだりしてます。

 

KIMG0835.JPG

 

何と、傘をさしてズックでにんぶに参加した方を発見!

小学校の頃からにんぶには駆り出されてましたがこんな

スタイルでにんぶに参加した人を見たのは初めてです。

激レア!

 

KIMG0837.JPG

 

多数の参加もあり無事にんぶ終了。

 

KIMG0838.JPG

 

次は4月にこの農道の道直しが行われます。

 

KIMG0839.JPG

 

夏のにんぶは6月終わりか7月に入ってからとの事でした。

皆さんお疲れ様でした。

☆ガル田〜モミ摺り〜☆

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 08:57

055.JPG

 

刈った稲を翌朝まで乾燥させ、モミ摺りという作業に入ります。

カンリバト邸にて行われました。

 

060.JPG

 

毎年こちらの乾燥機械をお借りしています。

乾燥機の中から、この筒を通って排出されます。

 

065.JPG

 

キレイに乾燥が仕上がってます。

 

066.JPG

 

刈り取った稲の穂の部分ですね。

これから、これらが選別されモミが剥がされていく工程です。

 

061 - コピー.JPG

 

小刻みに揺れながら選別。

 

062 - コピー.JPG

 

この時はまだ、豊作のカビやら土やらが混ざってます。

 

063.JPG

 

モミが剥がされてきました。

次はここで良いお米の粒と2番目の粒とに選別されます。

 

057.JPG

 

最後に、米袋に入れられます。

これが一連の工程で、一つの機会で行われています。

 

058.JPG

 

「んー、ちょっと粒が小さいかな…。」

 

064 - コピー.JPG

 

結び方も習う。

 

067 - コピー.JPG

 

どれくらいの量がとれるのか。

 

068.JPG

 

よしきた!

 

069.JPG

 

「おも、おも、重い!」

ふらついてますがな。

 

070.JPG

 

一袋の重み。

 

071.JPG

 

ジャンジャン入るよー!

 

072.JPG

 

「あ、僕持っていきますよー!」

 

073.JPG

 

「担いだで!走らんでエーノー。」

 

077.JPG

 

お米の粒に合わせて、フィルターをかえてみる。

 

078.JPG

 

なんかめっちゃ。秘密兵器感たっぷり!

 

079.JPG

 

セットオン!

 

080.JPG

 

「わー!違う気がする!さっきより量もふえたかな。」

 

081.JPG

 

師匠に学ぶ、お米。

でもこのあと、すでに師匠の中ではケンサクさんと

釣りにいく計画を立てていたらしい。

 

082 - コピー.JPG

 

「ばれちゅうぜよ。」

 

083.JPG

 

新米。

この状態で炊くと、玄米になります。

 

086.JPG

 

はい、覚えてみよう!

 

087.JPG

 

なかなかやるやないの。

 

088.JPG

 

摺ったモミガラは、畑のワラなどの代わりにしたり

肥料にもなるそうです。

 

089.JPG

 

11袋と少しのお米がとれました☆

ほぼほぼ、例年どおりでしょうか。

 

さて、この収獲したてのお米で、

10月7日(日)15:00頃から新米祭りを予定しています。

出来たて新米と秋といえば、サンマ!それからアユ!!

秋の味覚を堪能したいと思いますので、ぜひぜひご参加ください。

 

会費は一人500円。

飲み物持参でお願いします。

 

準備の都合上、参加される方は管理棟または、ガル田リーダーマツケン

さんまで出席連絡をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ガル田〜稲刈りN子カメラ編〜☆

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 08:06

001.JPG

 

雲ひとつない晴天☆

ようやくこの日を迎えました。

 

002.JPG

 

毎年お借りする、カンリバトのコンバイン。

オイルをさして、調子づける。

 

004.JPG

 

田んぼに集合!

 

005.JPG

 

リーダーの豊作の舞は、いかに!

 

010.JPG

 

何故か、太陽に感謝。

 

012.JPG

 

ありがとうと拝む。

 

013.JPG

 

よし、刈るよー!!

 

014.JPG

 

コンバインが刈りにくい角は手刈りで。

 

015.JPG

 

OBフカさんも駆けつけてくれました。

 

016.JPG

 

誰よりも先にガル田に来て、手刈りしてくれてたヤマさん。

 

017.JPG

 

実り。

 

018.JPG

 

台風前に、多くの農家さんも慌てて稲刈りをしています。

倒されたら大変ですからね。

 

019.JPG

 

そんな中で、ガル田も刈れることに感謝!!

 

022.JPG

 

刈った後も刈り残しがないかチェック!

 

023.JPG

 

オムライス街道に行って、食べ損ねてしまったヤナさん到着。

ガル田米でぜひ作ってください、オムライス!

 

024.JPG

 

マキ姐さん、コンバインから目が離せない。

 

026.JPG

 

お!コンバイン乗車体験もやってます☆

 

027.JPG

 

イトケーさん。

撮って!とばかりにポーズしちゃってますやん☆

イイ感じです!

 

032.JPG

 

マツケン…マスクて…

稲刈りにマスクて…

 

033.JPG

 

「はい、いーよいーよ!」

撮ってあげてる、イトケーさん。

 

035.JPG

 

マスクて…

 

036.JPG

 

田んぼの形によって、刈る方向もいろいろあるようです。

 

038.JPG

 

「ぎゃーーーー!わーーーーー!」

すげー!マキ姐さん☆

刈れてる刈れてる♪

 

043.JPG

 

刃の上げ下げも慣れてきたヤナさん。

 

046.JPG

 

お任せしちゃってます。

 

047.JPG

 

お尻の正体。

 

048.JPG

 

元祖リーダーハマさん。

何想う…

 

049.JPG

 

畑用のワラを確保しようと、最後にワラ仕様に

脱穀してもらいました。

 

050.JPG

 

ワラワラ運びます。

 

051.JPG

 

ワラで束に結んでいきます。

軽トラ2台分ものワラが取れました!

 

054.JPG

 

皆さん、今年も無事に稲刈りが終わりました。

なんかあっという間やったなぁ。

年々、ガル田プロジェクトは作業メンバーも限られ

管理が大変にはなってきていますが

こうした収獲の喜びは、何よりも大きいですね。

 

053.JPG

 

はい、ワラってワラって〜☆

 

052.JPG

 

お疲れ様でした★

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM